身長が低い原因その2

身長が伸びない原因

・睡眠不足
(睡眠が浅い)
睡眠が浅いと成長ホルモンの分泌が悪くなり
身長の伸びの妨げになります。

また、翌日の体力を養うことが出来なくなりますので、
運動もあまり出来なくなってしまいます。

睡眠の深さは1〜4段階まであるのですが、
このうちの3・4段階の深い睡眠時に
成長ホルモンは分泌されますので、
できるだけこの3・4段階の睡眠を良くとれるようにして下さい。
成長ホルモンが分泌されなければ身長の伸びは極端に悪くなります。


(睡眠が短い)
睡眠が深くてもその時間が短ければ、その分、
分泌される成長ホルモン量は少なくなってしまいます。

また、睡眠が浅い場合と同じく、翌日の体力を養うことが
出来なくなりますので、運動もあまり出来なくなってしまいます。


・姿勢が悪い
前かがみの姿勢は、心臓や肺、脈管などを圧迫して、
血液やリンパ液の流れを妨げます。

さらに消化器系の内臓器官にも影響を及ぼし、
消化・吸収が正常に行われないことにもつながってしまいます。
普段から正しい姿勢を身につけていくことが、
身長を伸ばす第一歩といっても過言ではないでしょう。


・思春期遅発
いわゆる、「おくて」で、思春期の発来が遅れます。
最終的には正常身長に達します。
よく高校になって急に伸びたという人がいますが、
それがこのタイプです。ただし、見分けることが難しいので、
身長のために良い生活は幼い頃からきちんと送るようにしましょう。


・愛情不足
親などから精神的・身体的な虐待を受けて育ったために
身長が伸びないもの。つまり愛情不足によるものです。
愛情は十分にかけましょう。


・両親の身長が低い
遺伝的要因は低いとはいっても、25%程度はあります。
さらに両親とも低いということになると、
お子様の身長が低くなる確率はかなり高くなります。
ですので、出来るだけ早い段階から身長を伸ばす可能性を
高めるための対処をしましょう。

ググッと身長を伸ばす方法とは!?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。